« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

黙って待つことの大切さ

うまい具合に日経平均の9500円を押さえられていますねdownwardleft
何かここで売りたい大口さんがいるのでしょーか、素人にはとてもじゃないですがそんなのわかりませんがっsun

今日の終値でやっとさんざんたたき落とされてきた9500円を突破しましたが、今後は10000円回復に向かってもう一段の上げがあるのか、それとも再び悪夢がやってくるのかネット証券会社も要注目ですねpaper

どちらに動くかわからない時は無理に買うことはやめてゆっくり待つことも大切です、動くべき時にしっかり動くことが投資をする上で最も大切なことの一つだと思っていますspa
私は悪夢が来るのは嫌ですけど、できれば為替の影響などもありますが、株価が安くなってくれる方がいいので7000円割れを期待していますけどね24hours

2009年5月25日 (月)

銀行VS証券会社

不況になれば倒産する企業は増え、当然株価も下がってしまいますが、そんな時こそ新時代に向けての幕開けとなる場合も多いのは事実ですnight

株が下がった不況時にはM&Aが進む傾向があり、業界再編などにも期待できますが、最近よく目立つのが銀行の証券会社買収の話ですflair

メガバンクやアメリカの投資銀行などが大手証券会社を買収し、傘下に収めるなどの動きが良く見られているのが特徴ですねscissors

対する餅屋の証券会社もまた、合併によるみずほ証券などが誕生したり、大和グループが大和証券SMBCを完全子会社化するなどして反撃に出ているように思いますatm

2009年5月20日 (水)

FXと違って証券会社は数が少ない

FX業者は日本にも沢山ありますが、地場証券などを除くとネット証券会社などは非常に少ないです、為替と比べての話ですけどSBIとか楽天とかある程度名前の知れ渡っているとこばかりですよねrain

私は為替は初心者でわかりませんが、FXは新しく参入してくる業者が山ほどいるのに、ネット証券会社は徐々に落ち着き始めて、新しく証券業務をやってやろうと考える会社は少ないようですfreedial

やっぱり大手が力を持ちすぎて今から始めるのは難しいんでしょうね、でも私達からすれば初心者がどこの証券会社を選んでも安心したサービスが受けられるというメリットはありますねfour

2009年5月14日 (木)

四季報の次は決算書です

四季報の見方がある程度わかってきたのであれば、次は決算書を読めるようになりましょうmist
シーズンになると毎日膨大な量の企業決算が出てくるので見るのも大変ですが、自分の注目してる会社のだけでも見た方が勉強になりますfull

一部のネット証券なら四季報 webで無料閲覧できるとは言っても本来は東洋経済さんが一所懸命に集めて来たデータの集大成なので有料情報ですよっsoccer

でも、決算書は企業に開示が義務付けられているので、当然私達投資家は無料で見ることができますし、それを見てどう判断するかは自分次第ってことになりますが情報量も多く、両方読める方が株には役立ちますbell

2009年5月 9日 (土)

クリック証券は四季報が見やすい

友人がクリック証券と言うネット証券会社を使っていて、先日遊びに行った際に四季報の無料版をどんなものかな~と見せてもらいましたflag

私はSBI証券のを使っていつも見ているのですが、これがクリック証券はとっても見やすいので驚きました、もちろん無料なので友達もいつも参考にしてると言ってましたがsun

カラーが良い感じのブルーベースで整理されているのでスキっとして欲しい情報が勝手に目に飛び込んでくる感じでしょうかね、大げさすぎたかもしれませんけどone
はっちゅう君というツールも扱っているのですが、クリック証券はデザインがいいですね、若者向きといいますかmusic

他にもオンラインなら四季報が見れる証券会社は沢山あると思いますが、もしも口座開設してそんなサービス当社はやってませんと言われても困るのでちゃんと資料請求などをして確認してから株を始めるようにしましょうatm

2009年5月 3日 (日)

祝日明けの株式市場

日本だけが連休モードになりますが、祝日明けの東証はアメリカの株次第で大きく動きそうですねyacht
中でも最近は野村ホールディングスなどの証券会社が上がってる気がするのですがupwardleft

決算発表もまだまだ控えている企業が多く、思わぬ増資報道が出たり、中には決算延期などという痛いニュースが飛び出してくる可能性もあるので四季報を見て現金をしっかり持っている企業を中心に買って行きたいですflag

できれば決算の日までに証券会社に手数料を落とさず手仕舞うことが賢明でしょうし、相場が段々と良くなって金融危機を抜け出せるのではないかとの声も上がってきているようなので、悪材料で株価が下がれば買い仕込みのチャンスかもしれませんねっsun

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »