« マネックスとジョインベスト | トップページ | これは痛い、草薙さん逮捕ですか »

2009年4月19日 (日)

利益剰余金の真実

東洋経済さんが最新版の会社四季報でサクラダの記述についてミスをした話しがありましたが、証券会社で見る無料版会社四季報は残念ながら訂正されそうにもありませんinfo01

今はインターネットのオンライン証券会社で見る人が多いと思うのに書籍版にだけ訂正紙を挟んでも効果のほどはどうなのか疑問に思っちゃうnosmoking

所で利益剰余金ってご存知でしょうか。端的に申すと利益を源泉とした余ったお金と言われる奴なんですが、これが少し厄介でして、剰余金が多いから安心な企業だーって思わないことが大切ですeye

会社四季報には似たようなものにキャッシュフローの現金等などがありますが、利益剰余金の場合現金でなくとも土地建物も含まれるので、そう言った有形固定資産に変化していて、実はそれの評価損が発生したり過大な金額で計上されていることすらあるんだとかbaseball

« マネックスとジョインベスト | トップページ | これは痛い、草薙さん逮捕ですか »

四季報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184413/29190863

この記事へのトラックバック一覧です: 利益剰余金の真実:

« マネックスとジョインベスト | トップページ | これは痛い、草薙さん逮捕ですか »