« オンライン証券会社の四天王 | トップページ | 利益剰余金の真実 »

2009年4月14日 (火)

マネックスとジョインベスト

4大ネット証券会社というのがありますが、これは全部私の主観によるものなのでそんなことはないって思ってる人は読み飛ばしちゃうのが吉だと思いますよbomb

マネックス証券はオンラインの初期からやっている所で手数料が少し高いのが難点ですが、ブランドネームは一番あるかもしれません、夜間取引も最初にスタートさせましたし、社長の松本大も有名な人ですが、何せ四季報は無料でも手数料がねshadow
今時成行きと指値で料金が違うとかは少し価格設定が難しすぎるかなpen

その全く逆なのがジョインベスト証券で、野村證券のグループ企業という骨太なバックボーンを持っていることでも話題となりました、設立してから5年ぐらいしか経ってないbearing
いや、もう少し経ってるかfoot
ここは結構アナリストのレポートなどが多くてウレシイ、会社四季報もそうですが企業分析の結果や詳細などが見易く表示されるので何かとジョインベストのサイトにアクセスしてしまうことが多い私snow

« オンライン証券会社の四天王 | トップページ | 利益剰余金の真実 »

証券会社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184413/29030365

この記事へのトラックバック一覧です: マネックスとジョインベスト:

« オンライン証券会社の四天王 | トップページ | 利益剰余金の真実 »